subvisual

保険業界にも

生命保険・損害保険の存在は、私たちに起こりうる万が一の事態に備えるために加入するものです。
日本は保険大国と言われるほど、国民のほとんどが個人的に保険に加入しています。自分はもちろんのこと、大切な家族のためにも加入をする人は後を絶ちません。
タクトシステムズはこのような保険業界にこそ強みを持った企業と言えます。なぜなら、保険制度の確立には「正確性」と「迅速性」が求められるからです。

加入者に万が一の事態が発生した場合に支給される保険ですが、そのためには通過しなければならないプロセスがあります。
それは、保険の支給に該当する事態かと判断されることです。保険金殺人などといった事件もあるように、不当に保険金を得ようとする加入者がいることは否めません。
保険制度は加入者全体の積立金を分配することで成り立つシステムです。そのため、きちんと適切な保険金の支給が必須となります。
タクトシステムズでは、このような万が一の事態での「正確性」をはかる上で活躍します。
例えば、交通事故が発生した場合に支給されるはずの損害保険も、その交通事故が補償対象の範囲内であるか調査する必要があります。
そのため調査に時間を投じている間、加入者は必要な保険金を受取ることができないのです。
タクトシステムズはこのような事故調査を円滑かつスピーディーするシステム構築が可能です。よって、正確な情報を素早く把握し迅速に保険金を支払うシステムが成り立つのです。